まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    カテゴリ:芸能 > その他



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/07(水) 15:04:05.37 ID:/RgsDF9E9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    ラジオ『赤江珠緒たまむすび』(TBS系)で欠席騒動が勃発した。

    問題となったのは6日放送回。毎週火曜日には、映画評論家・町山智浩氏がコラムコーナー「アメリカ流れ者」に電話出演していたが、この日、時間になっても町山氏と時間が繋がらないというハプニングが発生し、赤江珠緒と火曜レギュラーの山里亮太がなんとか時間を繋ぐも、最後まで町山氏と電話が繋がることはなかった。

    その後、夕方になって町山氏はツイッターを更新し、「すみません、大丈夫です。ご心配おかけしてすみません」とツイート。さらに、電話が繋がらなかった理由として、「出張先のホテルで出演待機して椅子に座ったまま気づかないうちに眠りこけていました。携帯が何度鳴っても起きれないほど深く眠っていたようです」と言い、「リスナーの皆様、スタッフの皆様、本当にご心配おかけして申し訳ありませんでした」とつづっていた。

    このツイートに対し、リスナーからは安堵の声が聞かれているものの、一部では不穏な声も聞かれているという。

    「実は町山氏、ツイッターでは、時に韓国擁護などの過激な政治的なツイートを繰り返しリツイートしていますが、今回も電話出演の約1時間ほど前までリツイート。このことから、今回の欠席トラブルに対し、『そんなリツイートばっかりして寝過ごしって…くだらなすぎる』『せっかく映画の話は面白いのに、ツイッターに夢中になって本業おろそかにするってどうなのよ』という苦言が殺到してしまいました」(芸能ライター)

    また、この政治的ツイートのリツイートを巡っては、6月に発売された映画評論本の共著者とトラブルにもなっているという。

    「共著者の春日太一氏は7月28日、ツイッターで町山氏がまったく本の告知をしていないことを告発。共著について、町山氏が締め切りを守らず、周囲がフォローしたことなども明かし、価値観の違いから今後は仕事をしないという宣言まで飛び出しました。これに町山氏は『春日くん、ツイッターでの告知が遅れてすみません』と慌てて宣伝ツイートをしたものの、その後も政治的ツイートのリツイートの頻度は少なくならず。6日の『たまむすび』では、共著を紹介する予定だったこともあり、『春日さん可哀想すぎる』『こういう人なんだろうね…』という呆れ声が多々聞かれていました」(同)

    ツイッターによって本業をおろそかにしてしまった町山氏に対し、リスナーからも苦言が集まってしまったようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1954478/
    2019.08.07 12:30 リアルライブ


    【昼寝でTBSラジオ『たまむずび』欠席? 1時間前まで政治的リツイート…映画評論家・町山氏に物議】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/07/31(水) 20:22:09.21 ID:n0c1+E5U9.net

    https://www.excite.co.jp/news/article/E1564133196904/
    2019年7月29日

    人気RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』を題材にした3DCG映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が8月2日、全国の東宝系映画館で公開される。今回公開となる『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、1992年に発売された「ドラゴンクエストV 天空の花嫁(以下、ドラクエV)」を原案に、全編3DCGアニメ映画として製作された。主人公キャラクター・リュカを佐藤健、リュカの父親・パパスを山田孝之、そしてストーリーで重要な役割を持つふたりのヒロイン、ビアンカとフローラを有村架純と波瑠といった実力派俳優たちが演じている点も話題だ。初のフル3DCGアニメーション映画“ドラクエ”には、一体どんな思いが込められているのか。製作総監督の山崎貴氏に聞いた。

    ── 実力派俳優たちで固められたキャスティングが注目されていますが、起用のコンセプトは?

    山崎貴総監督(以下、山崎監督):実写版映画ドラクエを作るとしたらこの人、というコンセプトでキャスティングを行いました。

    なぜ(専門の)声優を使わなかったのか、とよく聞かれるのですが、僕らは役者さんの持つ生身の雰囲気や資質にインスピレーションを受けながら作っていきたかったんです。極端な話、急にアニメではなく実写版映画になったとしても違和感のないキャストで行きたかったんです。

    ── 今回は先にセリフを録音し、そこに映像を当てはめていく「プレスコ」という手法で製作されたと伺いました。

    山崎監督:僕らが作ったものに後からセリフを吹き込んでもらうのではなく、まず役者さんたちにベースの“お芝居”を作ってもらい、それを僕らが記録させてもらう形で作っていこうと思ったんです。

    特に会話シーンは、すべてリアルな掛け合いで録りたかった。なので、シーンごとに登場キャスト全員が集まって収録するという手法をとりました。ほとんど実写映画の撮り方ですね。1から10まで僕らが管理した世界を作り上げるのではなく、俳優陣の演技をいかに*ずCGに落とし込んでいくかというのが大きなテーマでした。

    続きはソースをご覧下さい


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【賛否両論】『ドラゴンクエスト』山崎貴総監督が語る CVに俳優を起用する理由 「実写になっても違和感のないキャストで行きたかった」】の続きを読む



    1 :2019/08/03(土) 00:01:44.84 ID:/tFn4zxr0.net BE:593349633-PLT(15000)


    (出典 img.5ch.net)

    三浦百恵さん、著書出版 伸び悩む長男の後押しも目的か

    《『あのキルトを僕にください』と、いよいよ家から自立することになった長男の意外な所望。(中略)うれしさが心に広がった、我が子の言葉》

     7月26日に発売された三浦百恵さん(60才)の著書『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)には、百恵さんが手作りしてきた
    キルト作品と共に、秘話が綴られている。

    「初めて子供のために作ったクマのアップリケのベストや幼稚園入園の時に作った体操着袋などが、思い出と共に掲載されています。
    芸能界を完全引退してから約40年、百恵さんの“肉声”が伝えられるのは初めてのこと。これまで家族のことを一切語ってこなかった百恵さんが、
    私生活を公開したのは驚きでした」(芸能関係者)

     百恵さんには長男・三浦祐太朗(35才)、次男・三浦貴大(33才)の2人の子供がいる。貴大は映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった
    男の物語』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も映画やドラマで活躍を続ける。

    「一方、シンガーソングライターの祐太朗さんはヒット曲に恵まれず、伸び悩んでいる。百恵さんが本を出版したのは、祐太朗さんを後押しする
    ためではないかといわれているんです」(スポーツ紙記者)

     7月19日には百恵さんの本の出版に合わせるように、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に祐太朗がゲスト出演した。

     その時のトーク内容は、百恵さんが引退した時に使った「伝説のマイク」をおもちゃに使っていたことや、母親にエロ本を見つけられた話など、
    “百恵さんネタ”が満載だった。
    https://www.news-postseven.com/archives/20190802_1423977.html


    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)

    https://www.news-postseven.com/archives/20190802_1423977.html?IMAGE&PAGE=3


    【【画像】 山口百恵の現在wvwvwvwvwvwvwwv】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/08/02(金) 15:47:20.33 ID:C0gyKZfb9.net

    ■京アニのベテランアニメーター木上さん死亡

    京都アニメーションの放火殺人事件で京都府警が2日、身元を公表した犠牲者10人の中にベテランアニメーター木上益治さん(61)が含まれていた。別名義での活動も含めて多くの人気作品に関わり、同社の成長を支えた。

    2019/8/2 15:09 (JST)8/2 15:15 (JST)updated
    https://this.kiji.is/529904059032618081
    ---------
    ■「アニメ界のレジェンド」木上氏や「ハルヒ」シリーズ武本氏ら10人の身元公表 京アニ放火

    府警がこの日公表した死者のなかには、「アニメ界のレジェンド」と呼ばれ、同社がオリジナル作品で高い評価を受ける礎を築いた取締役の木上益治(きがみよしじ)さん(61)のほか、「京アニ」を代表するアニメーターも含まれていた。木上さんは、同社初の自主制作作品(2003年)で監督を務め、多くのアニメーターを育ててきた。

    取締役の武本康弘さん(47)の死亡も公表された。京アニブームを巻き起こしたSF学園ドラマ「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ(06年テレビ放送開始)を手掛けるなど、同社を代表する監督の一人だった。多くのファンを獲得するキャラクターを生み出し、作画監督として活躍した西屋太志(ふとし)さん(37)も含まれていた。【小田中大、福富智、南陽子】

    毎日新聞2019年8月2日 15時17分(最終更新 8月2日 15時17分)
    https://mainichi.jp/articles/20190802/k00/00m/040/141000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    ■関連スレ
    【京アニ放火殺人】犠牲者10人の氏名公表
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564726428/


    【【訃報】「アニメ界のレジェンド」 京アニのアニメーター 木上益治さん死亡 61歳】の続きを読む



    1 ばーど :2019/08/02(金) 22:18:11.10 ID:C0gyKZfb9.net

    残された父親は、息子の遺品を見つめながら声を絞り出した。「熱かったやろ」。

    京都アニメーションの放火殺人事件で、女子高生の日常を描いたアニメ「らき☆すた」で監督を務め、「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」などを手掛けた武本康弘さん(47)が2日、犠牲者の1人と発表された。兵庫県赤穂市に住む70代の父親は2日までの取材に胸中を明かした。

    「これは燃えずに残った。だいぶ時間がたったが、焦げ臭いにおいがする」。すすけた白い猫のキーホルダー。「武本さんが身に着けていた」として京都府警から父親が受け取った。財布など見つかっていない所持品もある中で、猫好きだった息子の形見になった。

    京都市伏見区の京アニ第1スタジオが炎に包まれた7月18日の事件直後は「東京へ出張していればいいが」と切に願った。だが連絡が取れず、厳しい状況だと悟った。犠牲者の身元を確認するDNA型鑑定に協力し、約1週間後に府警から「遺体を引き取りに来てほしい」と要請があった。

    武本さんは第1スタジオ3階で作業していたとされる。放火されてから数秒で吹き抜けのらせん階段に黒煙が立ち上ったようだと府警から聞いた父親は「意識が混濁して火にまかれたんだろう」と話す。ひつぎに収められた遺体の顔は見ない方がいいと考え、布の上から触ってお別れすることしかできなかった。

    高校では昼休みによく漫画を描いていたという武本さん。アニメの道を志した息子を、中華料理店を営んでいた父親は「好きなことをやればいい」と送り出した。武本さんは両親に映画作品の招待券をプレゼントすることを欠かさなかった。

    武本さんには小学校低学年の娘がいる。「お父さんはいつ帰ってくるの」と尋ねられても、家族は「今は病院だから」と答えるしかなかった。だが通夜や告別式が営まれるうちに、もう帰ってこないことを理解したようだという。精神的なショックからか、娘は1人でトイレに行けなくなった。

    「今は犯人に対して思いが行かない」。父親は静かに話し、うつむいた。「息子の亡くなった状況にばかり意識が行く。熱かったやろ。痛かったやろ。苦しかったやろ。かわいそうでね。そればっかり」(共同)

    [2019年8月2日21時27分] 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/news/201908020001048.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【京アニ放火】「らき☆すた」武本康弘監督、父親が胸中語る…「熱かったやろ。痛かったやろ。苦しかったやろ。かわいそう。そればっかり」】の続きを読む

    このページのトップヘ