まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    カテゴリ:芸能 > その他



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/02(月) 05:27:50.27 ID:ev2UTNZf9.net

    歌手・安室奈美恵さんの引退からちょうど1年が経つ9月、安室さんの故郷である沖縄で新企画『愛(かな)さ◆(ハート)NAMIEいちまでぃん。』プロジェクトが始動することがわかった。
    きょう1日より沖縄県那覇市久茂地一帯、国際通りなどに同プロジェクトのキービジュアルや公式ロゴが設置される『ランドスケープNAMIE AMURO』、
    期間中に沖縄を訪れる安室さんのファンや観光客に、特別のおもてなしをするとともに、県経済にも寄与する『愛さ◆NAMIE サポーターズ企画』などが実施される。

    引退前に「引退の日の9月16日を沖縄で過ごしたい」「私がいなくなっても、経済効果を含め、沖縄に貢献できるイベントを続けてほしい」という願いを明かしていた安室さん。
    その願いをかなえるべく、昨年、開催された『WE ◆ NAMIE HANABI SHOW supported byセブン‐イレブン』が誕生。今年も引き続き、宜野湾市で行われる。

    今回は『HANABI SHOW』と連動して、『愛さ◆NAMIE サポーターズ企画』賛同企業は、きょう1日から安室さんの誕生日にあたる20日まで、安室さんへの愛を感じさせる企画を展開し、沖縄県民やファンを迎える。
    サポーター店舗では期間中、オリジナルメニューやサービスを用意。各店舗の指定商品の購入者にはオリジナルステッカー、またはペーパーバッグをプレゼントする(先着枚数限定)。

    また『愛さ◆NAMIE 紙面企画』として1日付け沖縄タイムス朝刊に4ページの別刷り特集が折り込まれ、サポーター店舗の紹介など今回の企画のスタートを飾る紙面が展開される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000312-oric-ent
    9/1(日) 5:00配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    【【芸能】安室奈美恵さん、引退から1年後に沖縄で新プロジェクト始動】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2019/08/30(金) 17:16:04.74 ID:BEBR670v9.net

    「今は週に何日かお寺で勉強をさせてもらっています。読経や写経、境内の掃除などの作務を通じて、自分を見つめ直しています」

     話し始めた時は表情に緊張感が残り、言葉遣いに迷いも感じられた。“自分の言葉”を話し始めている、と感じたのは、彼がしばらくしゃべった後だった。無理もない。あまりに長い“沈黙期間”だったのだから。

    中略

     8月下旬の午前10時半、都内の公園、本誌は山口を直撃した。当初は「一般人なのでお話をすることはありません」と話すに留まっていたが、TOKIOの置かれている状況を説明するうち、心境に変化が訪れた。
    公園の階段に腰を下ろし、ゆっくりと話し始めた。

    「TOKIOの寂しいニュースが増えていることはショックです。私はもうTOKIOの人間ではないんですけど、自分の現状をお話しすることで彼らのためになることがあるのなら…もう話さないと決めていたんですが、
    これを最後の告白とさせてもらいます」

     以下、その一問一答である。

    ──ファンが最も気になっているのはTOKIOのメンバーとの関係だと思います。今もメンバーと会ったりと親交はありますか?

    「事務所を辞めてから会ってはいません。私はメンバーに大きな迷惑をかけた人間。彼らを頼ることは立場上できない…メンバーって特殊な関係なんです。友達とも同僚とも家族とも違う。共に戦い続ける戦友みたいなもの。
    彼らが私のことを常に心配してくれているのは事実だし、会って話をしたい思いはありますが…」

     山口の不祥事後、TOKIOは城島茂(48才)、国分太一(44才)、松岡昌宏(42才)、長瀬智也(40才)の4人で会見を開いた。その数日前に山口が謝罪会見で「もし待っていてくれる私の席がそこにあるなら、
    またTOKIOとしてやっていけたら」と発言したことに対し、松岡が涙ながらにこう非難した。

    「その甘えの根源がぼくらTOKIOだとしたら、そんなTOKIOなら一日も早くなくした方がいいと思います」

     ほかのメンバーも、被害者への謝罪と山口に対する厳しい思いを吐露。目は真っ赤に腫れ上がっていた。

    ──メンバーのあの会見についてはどう思いましたか?

    「実はあの会見の時はもう入院していて、すべてを把握しているわけじゃないんです。後でインターネットで会見の動画が見られることを知りましたが、メンバーに謝罪をさせてしまったという負い目もあって、
    動画は見ていません…。

     メンバーと会っていないと聞いて“30年近い友情はそんなものか”“薄情だな”と思う人もいるかもしれない。でも、メンバーと距離を置くという決断をするまで相当悩みました。私がやったことはそれほどのことなんです」

    ──被害者とは連絡を取っているのですか?

    「今、必要なのは自分の気持ちを入れ替えること。身を清めること。しっかり更生して変わった姿を見せることが第一だと思っています。だから連絡は取っていません。

     この5月から病状も落ち着いてきたので、お寺に通っています。私は大工仕事が得意なものですから、お寺が持つ山に入って、木の伐採なんかもやっています。そうやって自分と向き合っています。
    私はどういう人間なのか、それを見つめ直していました。

     自分は天真爛漫っていうのかな。子供を体現する大人代表、そんなキャラだと思っていて、テレビの前で楽しく振る舞ってきました。それが自分の役割だと思っていたんです。でも、あまりに幼稚で、
    大きな過ちを*てしまいました」

    ──許される日は来るのでしょうか?

    「わかりません。まだ先ですが、自分が社会復帰を果たせた時に、恥ずかしくない姿を相手に見せられればいいのではないかと思っています。相手のかたに対して謝罪の気持ちをいまだに持っている、と
    伝え続けることです。謝罪をする立場になってわかったことがあります。私がやったことの謝罪は、一生し続けるものなんです」

    ※女性セブン2019年9月12日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00000004-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00000004-pseven-ent&p=2

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567117046/


    【山口達也の告白「私がやったことの謝罪は一生し続けるもの」】の続きを読む



    (出典 brandnew-s.com)



    1 さくや姫 ★ :2019/08/28(水) 14:29:16.05 ID:cm9jMRpE9.net

    2019年8月28日
    https://hochi.news/articles/20190828-OHT1T50087.html

     元タレントの坂口杏里容疑者(本名・野沢瑞恵、28)が28日、住居侵入の疑いで逮捕された。TBS系「ひるおび!」が速報として報じた。

     坂口容疑者は東京・中野区で、元交際相手のホストの男性自宅マンション内に侵入した疑い。27日には自身のSNSに「元カレにタクシー代返してと言って部屋の前まで行ったらドアに指を挟まれました」とつづり、流血した指の写真を投稿し、手を負傷したことを明かしていた。この投稿は現在、削除されている。

     坂口容疑者は2017年4月に知人の男性ホストから現金を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂容疑で逮捕。その後、不起訴処分となったものの、2度目の逮捕となった。


    【元タレント坂口杏里容疑者、住居侵入の疑いで逮捕…TBS系「ひるおび!」が報じる】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 19:39:45.57 ID:NmIEagMK9.net

    NHKに対する批判がますます高まりそうだ。放送中の大河ドラマ「いだてん」は8月11日放送の第30話にて、大河史上で最低となる視聴率5.9%に沈没。翌週18日の第31話では7.2%と少しは盛り返したものの、一話あたり1億円と言われる莫大な制作費から見れば、物足りない数字であることは明らかだろう。

    「7月の参院選でNHKから国民を守る党(以下、N国党)が議席を獲得したことにより、NHKに対する批判が先鋭化。対するNHKでは7月30日に“受信料と公共放送についてご理解いただくために”との声明を発表し、『法律違反』という強い言葉を使って受信料不払いへの警告を発しました。とはいえ毎週1億円ものコストを費やして視聴率低迷のドラマを作り続けていたら、批判が高まるのも当然でしょう。民放ドラマなら早期打ち切りもありますが、NHKが前例のない打ち切りに踏み切ることは考えられず、そういった硬直化した姿勢も批判の対象になるはずです」(週刊誌記者)

    このようにNHKを巡っては、受信料をベースとした潤沢な資金をふんだんに使いまくる姿勢への批判が高まっている。それに加えて“民業圧迫”とも言える行為も珍しくないという。前出の週刊誌記者がささやく。

    「NHKのやり方でとくにエグいのは、その権威を笠に着た強引なスケジュール確保です。ドラマ撮影には雨天順延がつきもので、どのテレビ局でも予備日を設定して対策していますが、時には雨が続いてしまうことも。こんな時に民放局なら雨に影響されないスタジオ撮影に切り替えたり、該当シーンの先送りなどで対応するのですが、NHKでは自分たちのスケジュールを守るために、予備日を強引に延長することが珍しくありません。その場合、出演者側はすでに別の仕事が入っていてもNHKの撮影を優先せざるをえず、他の仕事を断ってしまうことがあるのです」

    さすがに他局のテレビ収録と被るようならNHKも無理は言わないようだが、これが雑誌の取材や舞台の稽古だと、出演者側の都合などお構いなしだというのだ。

    「NHKの予備日延長によって雑誌の撮影が飛んでしまった話は珍しくありません。その際、カメラマンやヘアメイク、スタイリストらも仕事が飛んでしまいますし、貸しスタジオのキャンセル料など出版社側に損害が発生することも。このケースでは所属事務所の担当者が菓子折りを手に謝罪に来たこともあります。出版社側がNHKに抗議したところで《出演日変更に同意したのは事務所側》と突っぱねるでしょうから、所属事務所も被害者と言えるでしょう」(前出・週刊誌記者)

    もはやお役所体質を超えた“俺様体質”には、N国党をはじめとする各所からの批判が寄せられるのも、当然かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1978780/
    2019.08.25 18:00 Asagei Biz


    【「いだてん」が史上最低視聴率を記録するも“制作費垂れ流し”に疑問の声】の続きを読む



    1 ベクトル空間 ★ :2019/08/28(水) 13:51:47.65

    ソース テレビ速報


    (出典 i.imgur.com)


    【【速報】 坂口杏里容疑者を逮捕 = 建造物侵入罪】の続きを読む

    このページのトップヘ