まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    カテゴリ:芸能 > 俳優



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 湛然 ★ :2019/09/12(木) 05:03:33.25 ID:I3uoqBmU9.net

    伊吹吾郎に離婚報道…所属事務所も認める
    2019年9月11日 18時12分 日テレNEWS24
    https://news.livedoor.com/article/detail/17067035/


    俳優の伊吹吾郎(73)が離婚していたことが、分かった。

    11日発売の「週刊新潮」が報道。同誌の取材に伊吹本人も認めており、所属事務所も日本テレビの取材に報道を認めた。
    事務所によると、約10年間の別居生活を経て、昨年7月に離婚したという。

    (おわり)


    【【芸能】伊吹吾郎に離婚報道…所属事務所も認める】の続きを読む



    1 THE FURYφ ★ :2019/09/12(木) 19:47:24.68 ID:MLCJ0tFl9.net

    ハリウッド俳優のキアヌ・リー*が11日、千葉・幕張メッセで開催される『東京ゲームショウ 2019』(12日~15日
    ※一般公開は14日、15日 前10:00~後5:00)の『サイバーパンク2077』ブースを来場。「ゲームの登場まで
    待ちきれないよ!」「目を覚ませ サムライ!!!!!」などとメッセージを寄せた。

    『サイバーパンク2077』は、CD PROJEKT REDが開発する、巨大都市ナイトシティを舞台にしたオープンワールドRPG。
    2020年4月16日に発売が予定されている。同ゲームで重要な役どころのキャラクター、ジョニー・シルヴァーハンドを
    演じるキアヌ。外見と音声収録に加え、モーションキャプチャーを用いた全身モデルをゲームに提供している。

    CD PROJEKTの共同創業者であり共同CEOのマーチン・イウィンスキ氏は、6月11日から13日に行われた『Electronic
    Entertainment Expo』(通称:E3)で「彼を作品に起用したのは、世界観にフィットする有意義なキャラクターを作るのが理由。
    活躍している俳優でサイバーパンクと言われて思いついたのが彼だった」と明かしている。

    ブースを来場したキアヌは、設置された「YAIBA KUSANAGI」バイクの完成具合に「クール!」と歓喜の声をあげ、
    その出来栄えに大興奮した様子。特設シアター内で、ジョニー・シルヴァーハンドになった自身の姿を見たキアヌは
    笑顔でうんうんとうなずき、ゲームに関わったスタッフと笑顔で会話を交わしていた。

    さらに、インタビューに応じ、ゲームの出来栄えについて聞かれたキアヌは「とっても良い出来栄えになっていると思うよ。
    キャラクターも素晴らしいし、物語の中で選ぶ選択肢によってゲームが分岐していくところも面白いんだ」と、魅力を語った。

    ゲーム内のジョニー・シルヴァーハンドが動く姿を見た感想を問われると、「もちろん見た目もそうだけど、キャラクター自身の
    バックボーンの部分もうまく表現されている」「ジョニーは自分と比べると、もっと海賊っぽい、ロックな人だけれど、(自身も
    アーティスト活動をしていることとあいまって)シンパシーを感じて演じることができて楽しかったよ」と、続けた。

    特に、ゲーム内で主人公が使用するバイク、YAIBA KUSANAGIについて「バイクの造形がとってもカッコいいし、現代的でも
    あるけど、近未来的な見た目にもなっていて、早くあのバイクに乗るのが待ちきれないよ!」と、答えていた。

    最後に、日本のファンに向けて、「僕自身もゲームの発売が待ちきれないよ。このプロジェクトに参加できてとてもワクワクしているし
    光栄だよ。特別なゲームになっていると思うから、ぜひ楽しみに待っていてね」と、メッセージを送った。

    今回の『サイバーパンク2077』ブースでは、開発者による日本語吹替版・実機デモプレイが特設シアターで上映されるほか、
    作中で、主人公が乗るバイク「YAIBA KUSANAGI」の実物大モデルのフォトスポットが出現。登場キャラクターの衣装を着た
    モデルが登場し、記念撮影を行うなど、会場を盛り上げる。各回のゲームデモプレイを見た人から抽選で「YAIBA KUSANAGI」に
    試乗する機会がプレゼントされるほか、キアヌがブースに残した来場者に向けたメッセージ、そしてサインにも注目だ。

    https://www.oricon.co.jp/news/2144277/full/

    画像

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【キアヌ・リーブスが東京ゲームショウ 2019の『サイバーパンク2077』ブースにサプライズ来場】の続きを読む



    1 フォーエバー ★ :2019/09/03(火) 17:56:32.49 ID:keZ+n2EY9.net

    タレント、大竹まこと(70)と俳優、風間杜夫(70)が3日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演。共同生活をしていた駆け出し時代の赤貧エピソードを明かした。

     2人は劇団「俳優小劇場」養成所時代の同期で、その後、劇団「表現劇場」を結成するなど、若手時代から切磋琢磨してきた仲間。風間は開口一番、「さっき言ってたんですよ、お互いスーツ姿で並んでテレビに出るなんて立派になったな」と感慨深げだ。22歳のころから、大竹が所属するシティボーイズの同僚、斉木しげる(69)を含めた3人で共同生活を送っていたという。風間が思い出話として、「僕は家(自宅)が近かったもんで、こっそりと米だけ持ってきて、それをまことが研いでくれて、あったかいご飯にマヨネーズとしょうゆをかけて食べていた。美味しかったです」と話すと、大竹も「本当においしかった、友達が来たときに振る舞ったくらい」と笑った。当時、斉木が猫を飼っていたそうで、大竹はマヨネーズご飯を引き合いに、「めちゃくちゃ美味かったんだけど、横で斉木が飼っていた猫が缶詰食ってて。あっちのほうが羨ましかった。マグロのフレークの缶詰食ってて、贅沢だった」と振り返った。

     仕事もなかなかない日々の中、麻雀で喧嘩になった2人は、お互い譲らず1週間ほど口を聞かなかったという。風間は「同じ部屋に寝起きしていてですよ、口をきかないのは辛いですよ、ある日、大竹から手紙が来たんです、開けてみたら『やっぱりお前が悪い』って」と苦笑したが、大竹がバイト先のテレビ朝日から弁当を持ち帰ってきてくれたことも明かし、「待っていた、大竹の帰りを。やっぱり親分肌なんですよ、男気があるというか」。頼れる存在と告白された大竹も、「俺たちはシティボーイズだから、3人つるんでチンタラやっていた、風間は1人で道を切り拓いて行ったったからそこはすごいなと思いますよ」と話し、称え合った。

    9/3(火) 16:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000151-spnannex-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【大竹まこと&風間杜夫 駆け出し時代の共同生活明かす 猫の餌のほうが「贅沢だった」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/02(月) 06:27:02.97 ID:ev2UTNZf9.net

    9月にラグビーワールドカップの開催を控えている日本。ラグビーといえばドラマ『スクール☆ウォーズ』を思い出す人も多いはず。そしてこの伝説のドラマが、DVD BOXでよみがえることに!

    「自分にとってでかい作品でしたね。放送から35年もたっているのに、こういうふうにインタビューを受けるとは思っていなかったから。僕の喜ばしいキャリアです」

    主人公の滝沢賢治を演じた山下真司(67)はそう話す。
    撮影時の思い出を聞いてみると、「つらいことばかりだった」と振り返った。

    「初の主役で責任は重いし、やらないといけないことはいっぱいあるし、大変でした。でも5回目ぐらいから視聴率が上がってきて、支持を得られたことが励みになってきたんです。
    第にきつい、つらいという負の気持ちよりも、世間に認めてもらったことへの喜びが大きくなっていきましたね」(山下・以下同)

    本作は、校内暴力で荒れる高校の弱小ラグビー部を、熱血教師の滝沢が全国大会優勝へと導く実話に基づいたドラマ。
    泣き虫先生・滝沢を演じるうえで最大の苦労は、“泣く”ことだったという。

    「最初台本を見たときに『賢治、涙する』っていうのが多くて、こんなに泣くのかよって思ったのはすごく覚えています。
    実際苦労しました*。でも、そのうちに涙するって書いてないのに涙したり。それぐらい心が敏感になってね。そしていまだにその涙もろさがぬぐわれていないという……」

    先日、秩父宮ラグビー場で観戦したときも、白熱する戦いに感極まり、涙を流してしまったそう。

    「それを横にいたお客さんに見られてしまって『山下さん、本当に泣き虫なんだね』って言われて、恥ずかしいなって(笑)。
    ちょっと熱いシーンを見るとラグビーに限らず涙があふれますよね。1回スイッチが入っちゃっているからオフにならないです」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00010000-jisin-ent
    9/2(月) 6:04配信


    (出典 img.jisin.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)

    https://www.cdjournal.com/image/ja*et/large/Z3/Z322033153.jpg

    (出典 newsnachricht.net)


    【山下真司「こんなに泣くの!?『スクール☆ウォーズ』台本に驚いた」】の続きを読む



    (出典 www.nhk.or.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/08/30(金) 19:20:16.22 ID:/yWab3yC9.net

    2019.08.30

    “阪妻(バンツマ)”の愛称で一世を風靡(ふうび)した名優・阪東妻三郎を父に持ち、2006年に亡くなった長兄の高廣さん、3歳年上の兄・正和さんと同じく俳優として活躍している田村亮さん。

    時代劇『暴れん坊将軍』(テレビ朝日系)の2代目・大岡忠相役や土曜ワイド劇場『狩矢父娘シリーズ』の狩矢警部役をはじめ、ドラマ、映画、舞台に多数出演。

    闇営業問題が発覚した直後の7月に出演していた舞台は、奇しくも吉本興業の創始者の波瀾万丈の人生を描く『笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~』(新橋演舞場)。9月からは舞台『ペコロスの母に会いに行く』の公演が控えている田村亮さんにインタビュー。



    ◆俳優“田村三兄弟”でひとりだけ芸名にした理由は…

    父・阪東妻三郎さんが亡くなったのは、亮さんがまだ7歳のとき。日本映画史に名を残す名優だけにスケジュールは多忙を極めていたが、子煩悩で、子どもの日、お正月の餅つき、節分の豆まきなど特別の日だけは必ず一緒にやってくれたという。

    父が亡くなった翌年、1954年に長男の高廣さんが跡を継ぐ形で映画デビュー。1960年には、三男の正和さんも俳優デビューを果たす。そして1965年、四男の亮さんもテレビに出ることに。兄二人は本名をそのまま「芸名」としたが、亮さんだけはある理由で本名を使わなかった…

    「僕は役者になる気が全然なかったんです。人前に出るのが恥ずかしくてね。僕が人様の前でお芝居するなんていうことは全然。なんでこんなことやってるんだろうって思いますよ(笑)。僕は商社マンになりたかったの。大学の経済学部に行っていましたし、英語を一生懸命勉強していたんだけど、こうなっちゃった(笑)」

    -1965年、お父様の13回忌企画ドラマ『破れ太鼓』(NHK)に出演オファーをされたときはいかがでした?-

    「当時は1番長い45分の番組だったんですけど、それに声がかかって、兄たちみんなが出るって言うからね。一番上の高廣兄貴とすぐ上の正和兄貴は役者をやっていたから出るのはわかるけれども、2番目の兄貴と僕は役者じゃなかったのに、その兄貴も出るからお前も出ろよって言われて。プロデューサーも『4人全員が出てくれると宣伝になるから出てくださいよ』って言うんですよ」

    -それでみなさんでご出演されることに?-

    「そうです。4人全員で出ました。たまたまその『破れ太鼓』というドラマの主人公の家族構成が長女と次女がいて、息子が4人兄弟なんですよ。だからちょうどいいじゃないかということで引っ張り出されて(笑)」

    -初めて出演されていかがでした?-

    「何もわからないうちに終わっちゃいましたよ。もしビデオがあったとしても見たいと思わない。最悪だと思いますよ(笑)」

    -お顔も端正ですし、すぐに俳優にならないかというお話になったのでは?-

    「そのときも役者をやる気は全くなかったんですけど、東宝に稲垣浩さんという監督がいらしたんですね。この方はおやじとはもう何回か一緒にやってらしていて、その方が三船敏郎さん主演で映画を撮るということになったんです。

    それは3兄弟の話なんですけど、長男が三船さんで次男が佐藤允さん、そして三男役に合う役者が東宝にはいないから、誰にしようかなって言うことになって…。そうしたら稲垣監督が、『阪妻さんのところにもう一人出てない子がいるから、あの子を引っ張ってこよう』っていう話になったみたいで(笑)」

    -それで俳優になることに?-

    「プロデューサーが『稲垣先生のたっての希望なので、どうですか』って。僕も一応おふくろに相談して、『いやだよ』って言ったんだけど、『稲垣監督はうちのお父ちゃんといろいろご縁があった方だから、むげに断るわけにはいかないんじゃないの?』って言われて、『じゃあ大学に行っている間だけ契約します』って言って東宝に入らせてもらったんですよ」

    -大学生の期間だけのつもりだったのですか?-

    「そう。大学を卒業したら、サラリーマンになるつもりでした。だから本名でやっちゃって名前が有名になっても就職したときにわからないように、『田村亮』という芸名にしたんですよ。大学在学中は田村亮として俳優をやって、卒業したら本名に戻って普通の仕事をしようかなって…」

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://post.tv-asahi.co.jp/post-96689/
    ◆学業優先のはずが、就職活動もままならず…
    ◆連日、ワイドショーに「田村亮」の名前が…


    【 俳優・田村亮、同姓同名の“お笑い芸人”とのエピソード語る「荷物が間違えて向こうのお宅に届いて…」 2019/08/30】の続きを読む

    このページのトップヘ