まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    カテゴリ:芸能 > アナウンサー



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/27(土) 15:01:17.94 ID:Q9pX4Utm9.net

    フジテレビの〝クジパン〟こと久慈暁子アナの影が、最近めっきり薄くなった。「はずれアナ」の声まで聞かれる始末だ。2017年の入社なので、まだ2年数カ月の社歴だが、去る5月には、写真誌が東京ヤクルトスワローズの投手・原樹理との〝ほぼ同棲〟状態を激写。意外な軽さを露呈した。

    「写真誌が現場を押さえたのは4月のこと。今年になって原のマンションにいるところを、複数回確認したといいます。ということは、入社から2年もたたずに半同棲に至ったということになります。恋愛ですから仕方ないのかもしれませんが、彼女に期待していた局やファンもガッカリでしょう」(女子アナライター)

    久慈アナは青山学院大時代に、ファッション誌の専属モデルとして活躍。鳴り物入りの入社だった。

    「目がクリッとしてかわいい系でスタイル抜群。フリーになった加藤綾子の後継者とみられました。ところが、ブレークする前の、あまりに早い野球選手との熱愛でしょ。『完全にハズレ』の見方が圧倒的になりました」(同・ライター)

    原はヤクルトの2016年入団。1年目から先発投手として出ているが、今年7月までの通算成績が14勝33敗と大きく負け越している。

    「先発の柱として毎年期待されるものの、ここ一番で打たれる。負け癖がついているという厳しい評価もあります。加えて、最近はコンディション不良で二軍で調整中。『女子アナとイチャついている場合じゃない』とヤクトルファンから〝喝!〟を言い渡されています」(スポーツ紙記者)

    エースの器じゃなかった
    久慈アナは、3月まで同局の出世番組『めざましテレビ』に週5日出演。しかし、4月から出番が減り『めざましどようび』兼任となった。

    「『――どようび』は、不要になったフリーアナを回す〝フリー切り番組〟ともいわれています。彼女を兼任にさせたのは、原との同棲をうすうすと知っていた局が、ポスト・カトパンではないというメッセージを発したものだと評判になっています」(前出の女子アナライター)

    久慈アナといえば、平昌五輪から羽生結弦が帰国した際、「向こうでおいしかった料理は何ですか?」とアホな質問をして無視された〝伝説的逸話〟の持ち主。

    「もはやビジュアルだけの人という見方に変わっています。いい人を見つけてサッサと辞めるパターン。画面を見ていると、ただニコニコしゃべって、それで終わり。アドリブで盛り上げることもなく、必要最低限のことしか言わない。というか言えない。ひたむきさやオーラってのも全然感じないんです。男性週刊誌も彼女があまりにつまらないので、もう記事にもしません」(フジテレビ関係者)

    写真誌は「ビッグカップル」の文言を使っていたが、その点に関しては〝誤報〟だったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1940549/
    2019.07.27 10:32 まいじつ


    【【芸能】フジテレビ久慈暁子アナに「オーラなしでヤル気もなし」の酷評噴出!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/26(金) 11:19:10.12 ID:V5Nufc+T9.net


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)



    テレ朝を退社直後に鳴り物入りで『news23』(TBS系)のMCに就任した小川彩佳アナ(34)が、早くも苦境に立たされている。
    視聴率は4%台に低迷し、メインMCとして挑んだ参院選の選挙特番も、民放最下位に沈んだ。だが、本人の士気は高い。
    「打ち合わせから積極的に参加し、意見も言う。局アナ時代には出せなかった独自色を確立できるよう模索している最中です」(番組関係者)──その小川アナを、陰で支える存在があった。

    小川アナといえば、今年2月に出演番組で、「公私共に新しい環境に身を置くという結論に至りました」とテレ朝退社と結婚を報告。
    ところが、結婚相手は発表されず、入籍時期も不明。6月に入っても週刊誌の直撃に対し、「入籍はまだ」「新居がなかなか見つからない」と話していた。

    「テレ朝内では一時、“エアーフィアンセ”説まで流れたほど」(同前)だといい、お相手の正体はヴェールに包まれていた。
    そんななか、小川アナがついに“ゴールイン”したという。

    ◆医療界の革命児

    事情を知る人物が語る。

    「7月中旬に入籍したそうです。相手は若手起業家で、すでに都内の高級マンションで新婚生活を始めていると聞いています」

    そのお相手は、医療系IT企業で「代表取締役医師」の肩書きを持つ豊田剛一郎氏(35)だ。東大医学部を卒業し、脳外科医として都内の病院で勤務した後、アメリカに留学して米国医師免許を取得。
    帰国後、大手コンサルティング会社マッキンゼーに転職し、2015年に現職に就いた。

    『Forbes JAPAN』(2018年12月号)のインタビューでは、〈医師として働くうちに、非効率的で疲弊している医療現場の現状を知り、強い危機感を覚えた。
    持続可能な仕組みに変わらないと、日本の医療は崩壊してしまう〉と語っており、それがきっかけで現職に就いたという。

    豊田氏が経営する会社では、医師のセカンドオピニオンや医療相談をオンラインで受けられるアプリサービスなどを展開し、注目を集めている。

    著書『脳外科医からベンチャー経営者へ ぼくらの未来をつくる仕事』(かんき出版)は、東京・八重洲ブックセンター本店のビジネス書ランキング(2019年5月5?11日)で1位を獲得。

    さらに目を見張るのは父親の経歴だ。実父の豊田潤多郎氏(69)は大蔵省大臣官房企画官を経て、小沢一郎氏の新生党から衆院議員選挙に打って出て当選。
    新進党、自由党の結成に参画し、新党きづなでは国対委員長となった。現在は自由党の京都府第4区総支部長のほか、医療法人の理事長も務めている。

    小川アナの父親も都内の大学医学部教授で、同大医師会会長という“超エリート”の家柄。剛一郎氏とは「父親と同じ医師」という共通点もある。剛一郎氏の知人は言う。

    「彼はいつもスーツを綺麗に着こなしていて、スマートで爽やかなイケメン。『医療界の革命児』と呼ばれていて、業界では“超有名人”です。
    物腰も柔らかく、嫌味がないから、誰からも好かれるタイプ。自分やお父さんの輝かしい経歴もまったくひけら*ことがない。なぜ結婚していないのかと思っていました。昨年、彼女と別れたと話していましたが……」

    小川アナも2017年2月、本誌スクープにより嵐・櫻井翔(37)との熱愛が発覚したが、その後破局したとされていた。“国民的スーパーアイドル〟と別れて選んだのは比類なき“スーパーエリート”だった。

    ※週刊ポスト2019年8月9日号

    https://blogos.com/article/393761/
    2019年07月26日 07:00


    【【芸能】小川彩佳アナ 秘されていた結婚相手は有名若手起業家だった】の続きを読む



    【【女子アナ】竹内由恵アナ、テレ朝退社を発表「結婚するにあたって両立が難しく」 報ステ9月いっぱいで卒業】の続きを読む


    さぁ...真実はクロかシロか....w

    【【芸能】元フジアナ田中大貴が潔白主張、女性トラブルでクビ】の続きを読む


    入社3年目でこの強気...すごい...w

    【【テレビ】宇垣美里アナ 「民度が知れるわ」…TBS社内での話が外部に出たことに ★2】の続きを読む

    このページのトップヘ