まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    カテゴリ:芸能 > タレント



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/27(金) 21:23:17.55 ID:00koOzSz9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    8月に小泉進次郎環境相(38)と結婚したフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が、27日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋 スペシャル」(後7時)に結婚発表後初テレビ出演。なれそめなど新婚生活を語った。

    MCの黒柳徹子(86)から「よくある質問で恐縮ですが、プロポーズはどちらから?」と問われると「もちろん主人から」と明かし、
    「彼自身もいろいろ重責がある方なので、覚悟とか以上にある方だったので、決めるまでに気苦労があったのじゃないかなと思います。
    そこを乗り越えてきてくれたのですごくありがたかったですね」とプロポーズを受けた時の心境を明かした。

    言葉について聞かれると「絶対聞いてくると思いました。ちょっと2回ぐらいありまして…どっちがプロポーズか…こういうのってお互いの言った言わないってありますよね。
    だから、あんまり下手なことを言うと後で言われてしまうので。本当にどれがプロポーズなのかわからないんです」と真相は語らなかった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17148174/
    2019年9月27日 20時50分 スポーツ報知


    【滝川クリステル、小泉進次郎氏から受けたプロポーズの言葉は「2回ぐらいありまして」】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/09/24(火) 08:10:31.85 ID:abdziSd29.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00010002-flash-ent

    タレントの島崎和歌子が、9月21日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、かつて志村けんを本気で怒らせたことがあると明かした。

     10代の頃から親交がある中山秀征がVTR出演。
    中山は志村の誕生日会の幹事を20年間務めており、島崎も来客の手配などをサポートしてくれるという。

     そんな誕生日会で起きた、中山いわく島崎が「師匠を喜ばせようと思ったんだろうけど……」と今でも忘れられない事件を明かした。

    「和歌子はなにを考えたのか、セーラー服で(誕生日会に)来た。そしたら師匠に怒られてた」

     痛い話を突かれた島崎は、志村に怒られた当時を述懐した。

    「人間が本当に怒るときは低いトーンなんですよ。
    怒鳴ってくれるんだったらよかったんですけど、『なんだお前!その格好。ふざけてるのか』(と言われて)」

     あまりにも怒りの剣幕にたじろいだという島崎。黙ってトイレに行き、正装に着替え直したのだという。

     島崎は30年前の1989年、16歳のときに『弱っちゃうんだ』で歌手デビュー。
    当時を彷彿とさせるような姿で志村を喜ばせようとしたのかもしれないが、文字通り「弱って」しまったようだ。


    【島崎和歌子、志村けんをガチギレさせた過去「お前!ふざけてるのか」】の続きを読む



    (出典 matomedane.jp)



    1 ひかり ★ :2019/09/26(木) 12:17:25.12 ID:FuIuAPCL9.net

     芸能界屈指の料理上手として知られる俳優の速水もこみち(35)がYouTubeチャンネル「M’s TABLE by Mocomichi Hayami」を開設したことが26日、発表された。

     “料理人”もこみちが帰ってきた。日本テレビ系「ZIP!」で料理コーナー「MOCO’Sキッチン」(11~19年)を担当。オリーブオイルを大量に使用する調理法が人気を集め、惜しまれつつコーナーは
    幕を閉じた。

     そんな速水が、今度は料理チャンネルで“YouTuberデビュー”を飾る。世界各国のレシピを紹介し、第1回はドライフルーツなどを練り込んだスポンジ生地がベースの「M’sケーキ」(27日正午配信)、
    第2回は「豚肉とナスのココナッツカレー」(10月1日正午配信)、第3回は「シュリンプシーザーサラダ」(10月4日正午配信)が配信される予定だ。

     速水は13年、レシピ本「MOCO’Sキッチン」がフランスのグルマン世界料理本大賞の日本料理部門でグランプリを受賞。15年からはキッチンブランド「MOCOMICHI HAYAMI」を
    プロデュース。17年3月より株式会社にんべんのアンバサダーとして商品開発にも携わるなど、俳優だけでなく料理人としても活躍している。

     8月には料理が趣味の女優・平山あや(35)と結婚。最高の伴侶を得た速水がテレビからYouTubeに舞台を移し、お茶の間の食卓を彩る手伝いをする。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000062-sph-ent


    https://youtube.com/channel/UCps1bJGPPZuH1_FBfeBnSag


    【もこみちがYouTuberに! 世界各国のレシピを紹介する料理チャンネルを開設】の続きを読む



    (出典 www.billboard-japan.com)



    1 ヴァイヴァー ★ :2019/09/26(木) 06:38:04.89 ID:N+1ssLlk9.net

    指原莉乃 女帝・和田アキ子にまさかの行為で一触即発

    「どんなに偉いプロデューサーでも媚びることなく、自分の考えをハッキリ言うし、松本人志や中居正広ら大御所タレントを相手にしてもまったくひるまずにツッコミを入れられる。
    かと思えば、現場のディレクターや年下のADには敬語で接したり‥‥。そんなギャップで今やトップクラスの業界人気を得ています」

    芸能関係者が明*のは、指原莉乃の業界評だ。
    「お笑い芸人を多く抱える太田プロ所属で、長年、国民的アイドルグループで姉御肌を発揮していただけに、礼儀や挨拶には人一倍うるさい」(前出・芸能関係者)

    そんな指原が、周囲のテレビマンを凍りつかせる大事件を起こしていたというのだ。
    ある番組ディレクターが振り返る。

    「先日、ある民放局の廊下で、指原が和田アキ子さんとすれ違った時のこと。
    指原は深々と頭を下げて、『お疲れ様です』と挨拶をしたのですが、和田はそれを完全スルー。
    マネージャーらしき男性と会話を続けながら、指原に目もくれずに歩き去ってしまったのです」

    相手は芸能生活50年以上の超大御所。それでも腹の虫がおさまらなかったのか、「チッ!」と大きく舌打ちして周囲をドン引きさせたというのだ。
    「その舌打ちの音を聞いた瞬間、アキ子さんが振り向いたので、よけいにビビりました。
    実はアキ子さん、目の病気をしてから視力はかなり弱くなったのですが、聴覚だけは異様に敏感なんです。
    指原の周囲にいたスタッフが慌てて、『あ?、すいません! すいません!』とワケのわからないフォローをしていましたが、あわや一触即発の事態でした」(前出・番組ディレクター)
    (抜粋)
    https://k-knu*les.jp/1/8763/2/


    【【チッ!】指原莉乃、和田アキ子に挨拶→アッコ無視して通り過ぎる→指原「チッ!」→アッコ振り向く】の続きを読む



    (出典 exa000.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/22(日) 19:26:40.77 ID:VGZ4fsem9.net

    ものまねタレントのりんごちゃんが9月10日、都内で開かれた機能性表示食品『天使のララ』リニューアル記念製品発表会に出席した。

    かわいらしいルックスとギャップのあり過ぎる野太い声で、武田鉄矢などを歌うモノマネで大ブレーク中のりんごちゃん。この日も商品名にかけた大黒摩季の『ら・ら・ら』に乗せて、武田鉄矢や大友康平のものまねを披露した。

    イベント後の取材に応じたりんごちゃんは、ブレーク後、街中で声を掛けられることが増えたそうで、「マスクをしようがメガネをしようが、フォルムで分かるみたいで、逆に今はマスクもしない。堂々と生きています」と変装の効果はないと明かした。

    ものまねレパートリーは数多いらしいが…
    「青森県で育ち、高校卒業と同時に、大ファンの浜崎あゆみのようになりたくて上京。今年1月に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)でモノマネを披露してから徐々に露出が増え、この夏に大ブレーク。
    先ごろ、浜崎あゆみの自伝的小説『M』のドラマ化にあたり、ネット上で誰が主役をするのか話題になりましたが、沢尻エリカ、今田美桜らと並んでりんごちゃんの名前も登場。シャレとはいえ、そのぐらい知名度は上がっているということです」(芸能記者)

    最近、高橋メアリージュン&ユウと親しくなり、ユウの結婚式に呼ばれて歌を披露したというりんごちゃん。すっかり人気タレントになったわけだが、急にブレークしたバラエティータレントに付き物なのが一発屋疑惑。実は本人も危機感を持っているという。

    「ものまねのレパートリーは500あるといいます。しかし、若者や子どもが知っている有名人のネタが少なく、そこを意識して今、新ネタづくりに励んでいるそうですよ」(同・記者)

    来年の今ごろも、りんごちゃんの活躍を目にしていたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2013132/
    2019.09.22 17:31 まいじつ


    【【りんごちゃん】抱える“深刻な課題”とは】の続きを読む

    このページのトップヘ