まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    カテゴリ:芸能 > アイドル



    1 ひかり ★ :2019/08/27(火) 21:40:37.39 ID:RsZk/CuU9.net

     ジャニーズJr.の5人組アイドルグループ「HiHi Jets(ハイハイジェッツ)」のメンバーが、コンサートで「『日本破壊』ってツイートしてね」などと呼びかけたことについて、有料会員限定サイト上で
    謝罪していたことがジャニーズ事務所への取材で分かった。

     2019年8月中旬、ツイッターで実際にこの言葉の投稿が相次ぎ、「終戦の日」に近いタイミングだったことも相まってインターネット上で物議を醸していた。事務所はJ-CASTニュースの取材に
    「本人およびメンバーに内省を促し、平素からそれにふさわしい言動を身に付けることが重要であると伝えております」としている。

    ■ツイッターで「トレンド」入りし、物議に

     中でも物議を呼んだ発言があったのは8月18日、HiHi Jetsが東京・六本木で開催したイベントコンサート「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」でのこと。コンサート終了間際、グループから
    「歌ってくれた人ありがとうね!」などとファンに声をかける中で、メンバーの猪狩蒼弥(いがり・そうや)さんが

      「みなさん『日本破壊』ってツイートしてね!」

    と呼びかけていた。

     このコンサートの一部はジャニーズJr.公式動画配信サイト「ISLAND TV」で生配信されていた。またツイッター上の複数の投稿によると、8月15日のコンサート中、この18日の生配信当日に何らかのワードを
    ツイッターの「トレンド」に入れたいとして、上記の発言をしたのと同じ猪狩さんが「日本破壊」の言葉を提案。ファンに投稿を求める一幕があったという。

     18日の生配信はコンサート会場に行けなかった多数のファンがネットで視聴。呼びかけに応じて「#日本破壊」の言葉は数多く投稿され、「#HiHiJets」とともにツイッタートレンド入りを果たした。
    だが、当然ファン以外の多くのツイッターユーザーの目に留まることとなった。終戦と重なる時期だったこともあって、呼びかけから大量の投稿に至る一連の流れは

      「『日本破壊』普通にヤバいって気づかない?」
      「日本破壊ってそのときのライブのノリだったり煽りで言うのはまぁわかるんだけどタグ作ってツイートしちゃうのはどうなのかな...」

    などと物議を醸すことになった。

     そうした中、有料会員限定サイト「Johnny's web(ジャニーズ・ウェブ)」上で19日、「日本破壊」の投稿呼びかけについてHiHi Jets名義で謝罪文が掲載された。掲載の理由について、
    ジャニーズ事務所の担当者は27日、J-CASTニュースの取材に次のように回答した。

      「この発言につきましては、『今までにないくらいのレベルで、盛り上がりましょう』という比喩表現でこの言葉を使ってしまったとのことであり、それ以上の他意はなく、『少しでもコンサートを
    盛り上げたい。HiHi Jetsを皆様に知っていただきたい』という一心でコンサート中に行われたものでした。
      
      ただ、不適切な発言であったことは事実であり、ご心配や不信感を与えてしまった方々にお詫びしなければならないことと判断しましたことから、ジャニーズWeb上にてお詫びさせていただいた次第です」

     ジャニーズ事務所からHiHi Jetsのメンバーに指導や注意をしたかについては、

      「世界中の皆様に幸せをお届けするという目指すべき存在になれるよう、今回の件について本人およびメンバーに内省を促し、平素からそれにふさわしい言動を身に付けることが重要であると
    伝えております」

    と回答を寄せた。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000013-jct-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000013-jct-ent&p=2


    【ジャニーズ事務所「不適切な発言であったことは事実」 Jr.グループが「日本破壊」ツイート促す】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 23:38:12.83 ID:NmIEagMK9.net

    お笑いタレントの小籔千豊が仲介人になって、NGT48の中井りかの友達を作る番組『今日から友達になれますか?』(フジテレビ系)。

    18日の放送では、友達候補としてお笑いコンビ「トム・ブラウン」の布川ひろき、みちおが登場した。

    ■お土産にフルーツジュース
    中井へのお土産として、手作りのフルーツジュースを持ってきたというトム・ブラウン。布川が「女の子はこういうの好きって聞くんで」と勧める中、中井はストローを使って一口すする。

    小籔から「おいしい?」と問われると、目を大きく見開き「うん!」と相槌を打つ。みちおはそれを見ながらニッコリ。布川も「持ってきた甲斐がありました」と嬉しそうなリアクションを見せた。


    関連記事:トム・ブラウン 布川、みちおの2人がコンビニバイトで出会った珍客

    ■フルーツジュースの製造工程
    中井は再び「おいしい!」と絶賛したのち、「これ、どこのお店のですか?」と質問。その流れで、収録直前に撮影されたというVTRが放送される。

    VTRには、エプロンを着用したトム・ブラウンのふたりが登場。「一切器具を使わずにフルーツジュース」を作ると、みちおがパイナップルや桃、メロンを素手で握り潰し、果汁を握力のみで絞り出した。

    ■視聴者も「すごい」と驚愕
    VTRを見て、「飲んじゃったよー」とうなだれる中井。みちおから「ちゃんと入念に薬用ハンド*で30分くらいかけて、手を洗っていますので」とフォローされるも、「そういうことじゃない」と飲むのをやめていた。

    そして、みちおが作った正真正銘の手作りフルーツジュースには、番組視聴者も驚愕。ツイッターには、「すごい」「手づたいはえぐい」といったコメントが書き込まれている。


    ■約3割が「潔癖」だと自覚
    手をキレイに洗ったとはいえ、素手で作られたフルーツジュースには抵抗のある人も多いはず。潔癖な人であれば、なおさらだろう。

    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,387名を対象に調査したところ、全体の33.4%の人が「潔癖だという自覚がある」と回答している。

    みちおの手作りフルーツジュースに絶句した中井だったが、最後は無事にトム・ブラウンと友達になることに。中井が極度の潔癖症などであったならば、このような結末にはならなかったかもしれない。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162146036/
    2019年08月20日 05時15分 しらべぇ


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【NGT48・中井りか、飲まされたジュースに絶句 「えぐい…」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 19:40:57.91 ID:NmIEagMK9.net

    10月にスタートするドラマ「死役所」(テレビ東京系)でTOKIOの松岡昌宏が主演することが発表されたが、このキャスティングに異論が噴出している。

    「死役所」は、同タイトルで「月刊コミックバンチ」に連載中の、あずみきし氏による人気漫画が原作。松岡は、様々な理由で亡くなった人の“行き先”を決める“死役所”の職員、“シ村”役を務める。

    漫画では、きゃりーぱみゅぱみゅや、広瀬すずなどの芸能人がSNSでその魅力を伝えていたのに加え、同作により松岡が民放ドラマ主演において全局制覇するなど注目度は高いが、一方でネット上であがっているのが、〈主演は松岡ではない〉という原作ファンの声だ。

    「本来のシ村は、どちらかと言えば華奢な体格で顔もほっそりしており、性格的にも前には出ないキャラクター。それだけに、《ガタイが良すぎる松岡はイメージが合わない》とした指摘が多く上がっているんです。一方、ドラマ化するとした場合の話の中で以前から“ピッタリ”と言われていたのが、現在放送中の『あなたの番です』(日本テレビ系)にも出演する、俳優の野間口徹。確かに原作のシ村の外見からして、野間口をモデルにしたのではないかと思うほど似ていますからね。加えて、バイプレイヤーを上手に起用するテレ東だけに、野間口の起用でも何ら違和感はなかった。そのため、実写化を望んでいたファンの多くから《松岡じゃなくて野間口だろー》と落胆する声が広がっているんです」(テレビ誌記者)

    とはいえ、「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)でも難なく“女装家政夫”を演じ、その実力み見せている松岡。はたしてどんな結果をもたらすか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1978731/
    2019.08.25 17:59 アサ芸プラス


    【松岡昌宏、「死役所」主演で“民放連ドラ制覇”でも原作ファンからは落胆の声!】の続きを読む



    (出典 www.fujitv.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 13:15:36.51 ID:NmIEagMK9.net

    今年1月にスタートしたフジテレビのバラエティー番組「アオハル(青春)TV」(日曜午後9時)が18日の放送をもって、突如、レギュラー放送を終了してしまった。

    同番組は何かに夢中になり、活躍している全国各地の若者を取り上げる内容。タレントのヒロミが同局ゴールデン帯のMCを初めて担当した。

    午後8時台の「でんじろうのTHE実験」とともに放送を開始。フジが同時間帯にレギュラーのバラエティー番組2本を編成したのは3年半ぶりだった。

    しかし、「アオハルTV」は初回4・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。その後も6・3%(4月28日)を最高に、3?5%台と苦戦。結局、18日放送の最後、ヒロミは「また会えたら、アオハル見てください」、ナレーションは「またいつかお会いしましょう」と呼び掛け、突然の打ち切りとなってしまった。

    「放送前はかなり力を入れていたが、まったく数字が伸びず、現場の士気はダウンする一方。目新しい新企画が生まれるはずもなく、局の上層部としても“ガマンの限界”だったようだ」(テレビ局関係者)

    同番組でヒロミとともにレギュラーを務めていたのが、Sexy Zoneの人気メンバーである菊池風磨、佐藤勝利。グループとしての活動のみならず、ソロ公演を開けばすさまじいチケット争奪戦が繰り広げられるだけに、数字を持っていてもおかしくなかったのだが…。

    「ジャニーズは2人の活動の幅を広げようと新番組にねじ込んだ。しかし、話題にもならないまま番組は打ち切りになり、厳し過ぎる現実が突き付けられた。今後、なかなかほかの番組に押し込むのが難しくなってしまった」(芸能記者)

    同枠の次の番組は未発表だが、どんな番組をぶつけても厳しい結果になりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1978420/
    2019.08.25 12:00 リアルライブ


    【ジャニーズ事務所に厳し過ぎる現実を突きつけた『アオハルTV』の打ち切り】の続きを読む



    (出典 tsimg.azureedge.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 17:52:01.45 ID:NmIEagMK9.net

    AKB48グループの冠バラエティー番組、日本テレビ系「AKBINGO!」が今年9月いっぱいで終了することが、20日深夜放送の同番組で発表された。

    同日の放送での収録終了後、MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔が「お疲れさまでした。本当にお疲れさまでした。実はですね、『AKBINGO!』が9月で終わります。終了します」と発表した。

    メンバーたちは「え?」と絶句し、スタジオは静まり返った。それでも、メンバーたちからは「『AKBINGO!』のおかげで、ファンの方とかも増えて、本当に心の底から感謝しかないので」などの声が上がった。
    同番組は前進の番組を含め、約11年半の歴史に幕を下ろすことになった。

    「いくら深夜番組とはいえ、もはや“オワコン”となってしまった48グループの番組を放送するメリットがなくなり、放送終了の決断を下されてしまったようだ。これで地上波の冠番組が消滅。
    今後、新しい冠番組がスタートすることはまずないだろう」(日テレ関係者)

    今年の48グループは毎年開催されていた「総選挙」が行われず、例年この時期には開催が発表されている「じゃんけん大会」もいまだに開催が発表されていない。

    「そうなってしまったのはNGT48の一連の騒動について運営会社・AKSの不誠実な対応により“逆風”が吹き荒れているから。いわば自業自得」(芸能記者)

     現在、AKB48が単独で全国ツアーを開催しているものの、せいぜい集客は2000人規模の会場ばかりだ。
    「この分だと、昨年まで連続出場を続けてきた紅白出場を逃す大ピンチ。紅白落選となれば、来年はさらに活動規模を縮小することになりそうだ」(同)

    かなりのスピードで“下り坂”を行ってしまっているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1977096/
    2019.08.24 12:10 リアルライブ


    【【AKB終焉?】ついに地上波唯一の冠番組が終了するAKB48グループの今後】の続きを読む

    このページのトップヘ