まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    カテゴリ:芸能 > アイドル



    1 ひかり ★ :2019/09/28(土) 16:28:23.76 ID:h3HjLDzk9.net

     TOKIOのリーダー・城島茂(48)が28日、東京・テレビ朝日で、タレントの菊池梨沙(24)との結婚発表会見を行った。

     菊池の一番好きな部分を問われると「とにかく根が真面目で、優しさを持っているところですかね。人間としての優しさを持ってる。
    ホッとするあたたかさを持っています」とニッコリ。

     父親になることについては「50になる男としては、順番がどうかという思いもあります。筋をきちんと通すのが当たり前なんですけど」
    としつつ、「自分が親になる日が来るとは思ってなかった。純粋にうれしかったです」と声を弾ませた。

     プロポーズは今年1月、菊池の実家を訪れた際、「外を散歩しながら『幸せにするので、結婚して下さい』と伝えました」と振り返った。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000067-dal-ent
    菊池梨沙

    (出典 i.daily.jp)


    【TOKIO城島 菊池梨沙の一番の魅力「とにかく根が真面目、優しい」】の続きを読む



    (出典 bluesea0925.com)



    1 digitec ★ :2019/09/26(木) 15:44:32.22 ID:5d3Xedwd9.net

    NGT48を運営するAKSが、元メンバー山口真帆(24)への暴行事件で不起訴となった男性2人に
    3000万円の損害賠償の支払いを求めている裁判で、被告男性が以前から山口と“私的な関係性”があったと
    主張している詳細が準備書面の内容から24日、明らかになった。

    被告男性側が20日の進行協議で新潟地裁に書面を提出していたもの。

    熱烈な山口ファンだった被告男性は17年の握手会で「運営(会社)を介さずにプレゼントを贈りたい」と頼み、
    山口から自宅マンションの部屋番号や携帯番号を教えてもらったとした。
    その後、山口と同じマンションに転居。食事や部屋に入るなどの交流はなかったとしている。

    一方、17年秋に携帯のダイレクトメッセージに返信をしてくれなくなったと主張。

    18年、約800枚の握手券を購入し握手会で接触した際、山口は他のメンバーから被告男性との私的交流を指摘されたと説明したという。
    昨年12月8日、被告男性が山口の自宅前で待っていたのは関係修復を目的に話し合うためだったとしている。

    書面が事実なら、ファンとの私的交流を嫌う発言をしてきた山口の主張が揺らぐことになる。

    AKSは「現時点では事実かどうかの判断がつかないので、真実の追求をしていきたい」と説明。
    山口が現在所属する研音は「そのような事実はございません」と男性側の主張を否定している。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/25/kiji/20190924s00041000405000c.html
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569365914/


    【男性「山口真帆さんから部屋番号や携帯番号を教えてもらった。自宅前で待っていたのは関係修復を話し合うため」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/09/26(木) 12:51:40.26 ID:lMUpIFoq9.net

    地下アイドル・真っ赤なゴールデンッ!のメンバーの野田ことねのツイッターが炎上している。

     事の発端となったのは、野田が24日に投稿したあるツイート。その中で、野田は「今からひどいこと言います」と前置きしつつ、「Twitterで無料で会話出来る時代」「そんなのは私たちの給料に反映されません。1円にもならないの」とツイート。さらに、「無銭がっつきでリプで絡むよりライブに来てくれて物販で会話した方がめちゃくちゃ良いです」と、お金を必要としないツイッターの交流よりも、自身のギャラに反映される物販に来てほしいとのこと。最後には、「人生かけて、アイドルやってんだから分かってよ」と厳しくつづっていた。

     この投稿に野田のツイッターには、「正論だと思います!」「ライブには行かないけどリプは寄こせっていうのはファンの傲慢だよね」など、ファンからの賛同やフォローが寄せられていたものの、一方では、「ツイッターで仲良くなった人がライブに来てくれるパターンもあるだろうに」「じゃあツイッターやめて有料ファンサイトやったら?」「それってツイッターでは絡むけどわざわざライブに行くほど応援したいとは思わないって思われてるだけでは?」という批判が多く寄せられていた。

     「『真っ赤なゴールデンッ!』は今年1周年を迎えた地下アイドル。野田はその中心メンバーで、かつてインタビューで過去に所属していた事務所からのパワハラや金銭トラブルなどを告白しましたが、さして話題にならず。そのため、今回の発言について、『炎上商法?』『名前売りたいだけでしょ』と疑う声もありました。今や多くのアイドルがツイッターなどSNSアカウントを開設していますが、多くの場合、SNSの目的はファンとの交流やコンサートやイベントの集客のための宣伝。“アイドル”という存在が、それをはっきり言ってしまったことについての苦言が殺到しています」(芸能ライター)

     その後、野田は自身の発言の真意について、「来ないのに文句だけ言ってファンぶってリプ返強要するなら現場に来て話した方がいいなー!」「来れない人はオンラインショップもあるよ!お金ないひとは無料のフリーチェキもあるよ!ってことが言えればよかったので」と説明していたが、切り口が過激だったために、多くのアイドルファンの不信感を買ってしまったようだった。

    写真
    (出典 images.npn.co.jp)


    2019年09月26日 12時00分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/43221411/


    【<地下アイドル>「今からひどいこと言います」「Twitterで無料で会話出来る時代」「そんなのは私たちの給料に反映されません」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/09/26(木) 12:31:13.98 ID:lMUpIFoq9.net

    握手会の次はデート――? AKB48グループの公演で、「メンバーと恋人体験ができる!? "デートチケット"」と称した特別券の販売が発表され、ファンから批判が相次いでいる。

     運営は「誤解を与えてしまう表現」があったとし、訂正した。

    ■「メンバーを応援しよう企画」に変更

     AKB48グループの舞台が2019年11月9日から始まる。福岡・博多座開場20周年記念公演として行われる。

     9月24日には、AKB公式サイトなどでチケット発売の案内があったが、その内容が物議をかもした。

     「メンバーと触れあえるお楽しみ企画を実施」するとして、3つの企画を用意した。そのうちの一つが「メンバーと恋人体験ができる!? "デートチケット"」だ。

     「開場中、日替わりメンバーと博多座にて待ち合わせをして一緒に舞台鑑賞が出来るスペシャルチケット!終演後には日替わりメンバーにまつわる出演メンバーと面会もできちゃいます☆」との説明があり、抽選で選ばれた100人のファンが3人のメンバーと"デート"できるという。

     "デート企画"に対して、SNS上では「デートチケットって...もう根本的なところで世間と感覚がズレてきてない?」「NGT事件から何を学んだのだろう」などと批判が寄せられた。

     AKB公式サイトなどで26日、デート企画について「一部誤解を与えてしまう表現がございました」「お客様には多大なご迷惑おかけいたしますことを、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪し、以下のように訂正した。

      「観覧メンバーと一緒に出演メンバーを応援しよう企画!『AKB48グループ特別公演』を観に来ているメンバーと一緒に、みんなで舞台鑑賞が出来るスペシャルチケット!終演後には出演メンバーからご挨拶させていただきます!」

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    9/26(木) 11:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000001-jct-ent


    【<AKB>「デートチケット」販売発表! 運営「誤解を与えた」謝罪→訂正...】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/09/25(水) 00:39:07.26 ID:GYdReJxo9.net

    アイドルグループNGT48元メンバーの山口真帆をめぐる一連の騒動が、新たな展開を見せ始めている――。

    1月、山口が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端となり、メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの交際疑惑が取り沙汰される事態に発展。
    これを受けNGT48の運営元AKSは3月、暴行事件に関する第三者委員会の報告書を発表し記者会見を開いたが、その会見内でまたもや“事件”が起きた。

    会見に出席した松村匠取締役(当時)らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、
    2名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

    これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。
    「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。
    他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならず
    ファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

    会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村氏は、「(会見での発言について)訂正させていただきます」
    「私の勘違いでした」などと発言し、運営元と山口の間の不信が露呈した格好となった。

    その後、山口はNGTを卒業し、5月からは数多くの人気俳優を擁する大手芸能事務所「研音」に所属。
    9月には初の写真集が発売されることも決定し、先月にはNGT卒業後としては初となるメディア生出演を果たすなど順調な活動ぶりをみせている。

    そんななか、AKSが起こした、山口に暴行を加えたとされる男性ファンらに損害賠償を求める民事訴訟の進行協議が20日、
    新潟地裁で行われ、男性側の代理人は、男性が山口と以前から“私的なつながり”を持っていたと主張した。

    男性側が提出した準備書面によれば、男性は山口から携帯電話などでNGTの内部情報などを伝えられたり、山口と同じマンションに転居後は廊下でプレゼントを渡したりしていたという。

    また、山口が主張している「顔をつかむ」などの暴行ははたいていないと主張しているが、週刊誌記者は語る。
    「8月に『文春オンライン』は、AKSの吉成(夏子)社長がNGTメンバーの保護者向け説明会で、もともとファンとつながっていたのは山口だと発言していたと報じていますが、今回の男性サイドの主張と重なります。

    そして気になるのは、AKS側の代理人は20日の進行協議後の会見で、男性サイドが暴行を否定している点について報道陣から聞かれ、
    『そういう推測はできる主張』『事実かもわからない。我々は真実の発見が目的』などと語り、明確な反論を避けている点です。
    その姿勢からは、あくまでAKSが求めているはツアー中止等による損害の賠償であり、“暴行を受けた”という山口の主張の真実性を裁判所に認めさせようという意思はない様子がうかがえます。

    真実は今後の裁判の結果が出るまではわかりませんが、もしAKS社長と男性側の“ファンとつながっていたのは山口”という発言が事実となれば、
    これまで山口が主張していた構図が根底から崩れることになり、順調に再開したかにみえた山口の芸能活動に影響が出るのは必至でしょう」

    山口は3月のAKSの会見中、「松村匠取締役は<繋がっているメンバーを全員解雇する>と私に約束しました。
    その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました」などとツイートしていたが、別の週刊誌記者は語る。

    「9月に『文春オンライン』は、事件直後に山口が犯人たちを追及する様子を収めた音声を公開し、
    そのなかで山口は、『その関わっているメンバーの子も、ほんとに辞めさせるから、私』と発言。

    さらに犯人たちが否定しているにもかかわらず、執拗にNGTの西潟茉莉奈と太野彩香との“つながり”を問いただしており、
    この2人を辞めさせることへの執念をひしひしと感じます。実際に、騒動が過熱していた当時、取材した関係者の間からも『山口は敵対するメンバーを追い出したいだけ』という声も多く聞かれました。

    ちなみに、音声のなかで山口は他のメンバーを“本当にクズ”などと汚い言葉で罵ったり、ファンのことを“オタク”などと呼んだりしており、イメージダウンも懸念されるなか、
    山口自身、厳しい状況に追いやられているのは確かでしょう」

    騒動発覚から8カ月、NGTをめぐる騒動に再び世間の注目が集まりつつある。
    https://biz-journal.jp/2019/09/post_120195.html


    【【NGT】 男性側 「私的につながっていた」と主張・・・元NGT・山口真帆の主張、根底から崩れる可能性も】の続きを読む

    このページのトップヘ