まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    2019年10月



    1 すらいむ ★ :2019/10/01(火) 16:32:49.81

    大阪で33℃、10月の過去最高を更新東京、名古屋も30℃突破

     10月に入っても日本列島の上空には暖かな空気が流れ込んでいて、午前中から日差しが届いている中国や近畿から関東、北日本は気温が上昇しています。
     特に近畿は気温が高く、大阪は13時52分に33.1℃を記録し、10月としての観測史上1位の暑さです。
     京都や奈良、広島も観測史上1位を更新しました。
     東京や名古屋も30℃を超え、真夏日地点は14時の段階で140地点に達しています。

    ■明日2日(水)はやや気温が低下
     明日2日(水)は雲が増える分だけ今日ほど気温は上がらない予想です。
     それでも25℃を超える所がほとんどで、湿度も高いため10月らしからぬ陽気が続く見込みです。

    ウェザーニュース 2019年10月1日 14時15分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17165575/


    【【暑い】大阪で33℃、10月の過去最高を更新 東京、名古屋も30℃突破 】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2019/10/01(火) 17:12:33.34

    実の娘と性交、父親に懲役9年判決 中学生の頃から常習

     18歳未満の実の娘と性交したとして、監護者性交等の罪などに問われた、とび職の男の判決公判が1日、岐阜地裁であった。

     菅原暁裁判長は「心身に受けた被害の大きさは計り知れず、犯情は相当に重い」として、懲役9年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

     判決によると、男は娘の生計を支え、監護する立場にありながら、2016年7月と17年7月、19年2月に、自宅内および自動車内で娘と性交し、その様子をスマートフォンで動画撮影するなどした。

     男の性的な行為は、遅くとも娘が中学生のころから常習的に繰り返された。
     娘が拒否すると「家族にばらす」「金銭的な援助を打ち切る」などと脅し、行為を続けた。
     娘は高校2年の時に妊娠。中絶後も男の行為は続いたという。

     男は被告人質問の中で、行為を繰り返した理由について「(行為をやめてしまうと)娘を失う寂しさや、自分勝手だが独占欲があった」などと話した。

     判決後、菅原裁判長は男に対し「服役を終え社会復帰しても、被害者の負った傷は癒えない。そのことをよく考えてほしい」と話した。

     「監護者性交等罪」と「監護者わいせつ罪」は、17年にあった刑法改正による性犯罪の厳罰化に伴い、新設。
     親など生活を支える者がその影響力を利用し、18歳未満の子どもにわいせつ行為などをした場合、暴行や脅迫がなくても、処罰できるようになった。

     岐阜地裁では、今年度に入り少なくとも3件の監護者性交等罪および同未遂罪の判決があり、いずれも求刑通りか求刑に近い実刑判決が言い渡されている。(松沢拓樹)

    朝日新聞デジタル 2019年10月1日 16時18分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17166258/


    【実の娘と性交、とび職の父に懲役9年判決 中学生の頃から常習、高2で妊娠中絶、その後も行為続ける 岐阜地裁 】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2019/10/01(火) 20:55:54.77

    毎日新聞 2019年10月1日 19時51分(最終更新 10月1日 20時28分)
    山梨県道志(どうし)村の「椿荘オートキャンプ場」で9月21日に行方不明になった千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)は、わずか20分の間に足取りが分からなくなった。1日、両親が当日の経緯を文書で明らかにした。

    キャンプには子育てサークルで知り合ったという7家族27人が参加した。うち外遊びができる小学生は12人。美咲さんは母とも子さん(36)、姉と3人で21日午後0時15分ごろキャンプ場に到着。父雅さん(37)は翌22日に合流予定だった。

     みんなで天ぷらそばを食べた後、子供らはテントを張った広場近くで遊んだ。午後3時35分ごろ、おやつのチョコバナナを食べた9人が約150メートル離れた沢に遊びに行った。美咲さんは同40分ごろに1人で後を追った。同50分ごろ、大人が迎えに向かったが、午後4時ごろ美咲さんがいないことが判明した。

     県警は自衛隊が捜索を打ち切った9月28日以降も活動を続けている。1日は、沢が流れ込む道志川の約7キロ下流にある道志ダム(相模原市)にダイバーが潜ったほか、民家への聞き込みも行った。捜査関係者は「手がかりが何もない。事件につながるものも全く出ていない」と話す。2日は33人態勢でダムや川を捜索する予定。

     キャンプ場のホームページによると、駐車スペースのある区画が60あるほか、広場や炊事場、トイレがある。【金子昇太】

    小倉美咲さん行方不明の経緯
    21日午前9時 一緒にキャンプするメンバーの一部が到着
      午後
    0時15分 美咲さんと母、姉がキャンプ場に到着
    1時    昼食後、子供たちがテントを張った広場近くで遊ぶ
    3時35分 おやつを食べ終えた子供たちが沢に遊びに行く
    40分 美咲さんが後を追いかけて行く
    50分 大人が子供たちを迎えに行く
    4時    美咲さんがいないため、捜し始める
    5時    日没が近づき警察に通報
    6時    警察官が到着
    8時    子供たちを寝かせ、大人は捜索を継続
    22日午前
    1時30分 仕事を切り上げた父が到着。3時まで捜索を続ける

    https://mainichi.jp/articles/20191001/k00/00m/040/276000c


    【【山梨女児行方不明】わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/10/01(火) 18:55:02.25

    ソースはJチャンネル


    【【速報】香港、警官隊がデモ隊に実弾を撃ち左胸に命中か 容態不明】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2019/10/01(火) 16:37:05.88

    ひきこもり引き出し屋被害で会見
    30代女性証言「五感を失った」

     ひきこもりの自立支援をうたう東京都内の業者に自宅から無理やり連れ出され、施設に監禁されたとして、関東地方に住む30代の女性が1日、東京地裁で記者会見し、「恐怖で全身が震え、食べ物も飲み物も喉を通らず、五感がなくなった」と被害の実態を語った。
     女性は業者などに550万円の損害賠償を求めて提訴している。
     この日の第1回口頭弁論で、業者側は請求棄却を求めた。

     こうした業者は「引き出し屋」と呼ばれ、各地で入所者の脱走や提訴が相次いでいる。
     KHJ全国ひきこもり家族会連合会の池上正樹理事は「親の不安につけ込み、契約を結ばせる業者が増えている」と注意を呼び掛けている。

    共同通信 2019/10/1 16:32 (JST)
    https://this.kiji.is/551668534991553633


    【【ひきこもり】“引き出し屋”被害で30代女性会見 「恐怖で全身が震え、食べ物も飲み物も喉を通らず、五感がなくなった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ