まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。

    2019年08月



    (出典 img.furusato-tax.jp)



    1 Toy Soldiers ★ :2019/08/31(土) 12:33:08.16

     江戸時代から続く東京・新宿の和菓子店「花園万頭」が破産した。「日本一高い日本一うまい」を売りにし、「ぬれ甘なつと」というヒット商品もあった。なぜ経営が行き詰まったのか。背景にあったのは「コンビニスイーツの進化」だった――。

    ■江戸時代後期に創業、災難を乗り越えてきた
    江戸時代後期に前身の豆菓子製造業が創業されてから、2018年5月31日に自己破産を申し立てるまで184年もの歴史を誇った老舗・花園万頭。
    相場の倍の価格で売る戦略で、「日本一高い日本一うまい」饅頭屋として定着する。
    さらに戦後間もなく大当たりした看板商品「ぬれ甘なつと」の力で、売上高は平成初期に頂点に達するものの、以降は低迷が続く。
    長い歴史の中で、災難に直面しては乗り越えてきた企業が、ついに力尽きてしまった要因とは何だったのか。

    ときは江戸時代後期。花園万頭の発祥は、1834年(天保5年)、加賀・金沢城下で石川弥三兵衛によって創業された豆菓子製造の「石川屋本舗」だ。

    三代目となった際、破綻時の社長の祖父・石川弥一郎が東京進出を企図し、「石川屋」ののれんをいったん売却。日露戦争後の1906年に別屋号で青山に店を構え、乃木希典大将にちなみ「乃木の月」という菓子を販売し、人気商品になったという。

    ■1992年をピークに売上が下がり始める
    その後、赤坂への移転を経て1929年、工場から出火、火災で店舗・工場もろとも失うが、翌1930年には加賀藩の御用地だった新宿三光町に拠点を移し、近隣の花園神社にちなんで「花園万頭」の製造販売を開始、屋号も「花園万頭本舗」に変更する。

    当時の饅頭は1個1銭が相場だったところ、倍の2銭という強気な価格設定で販売していた。ある種のプレミアム感に加え、女性が上品に食べられるようにと配慮された小判形が受け入れられ、「日本一高い日本一うまい」饅頭屋として定着した。

    ところが、花園万頭はまたしても困難に見舞われる。

    第二次世界大戦の開戦で休業せざるをえず、空襲で店舗・工場を再び焼失、一家は金沢への疎開を余儀なくされたのだ。
    だが、弥一郎氏は1948年に営業を再開すると、翌年には「ぬれ甘なつと」を世に出し、大人気を博す。「ぬれ甘なつと」は、北海道産の大納言小豆をグラニュー糖で煮詰めたもので、一時は売上高の約7割を占める看板商品となった。

    “東京名物”というこだわりから、当時は首都圏近郊に絞って出店を重ね、5代目社長から6代目社長に代替わりした後の1992年6月期には、売上高約47億円を計上する。しかし、これを頂点に売上は下がり始める。

    ■おいしくなった「コンビニスイーツ」の脅威
    バブル期の設備投資後、土地価格が下がり、負債が増えたことも収益に影響した。

    さらには、百貨店の不振やリーマン・ショックによる景気低迷の余波を受け、2009年6月期は当期純損失約7億6000万円の大赤字となった。
    その中でも新商品「東京あんプリン」の発売や、金沢で売却した「石川屋」ののれんを借り、西武池袋店等に新ブランド「石川屋本舗梅翁」を出店する。

    しかし、やはり売上が伸びることはなかった。かつては火事に戦争と、売上を低迷させる大きな逆境を、そのたびに乗り越えてきた同社はなぜ、ここで伸び悩んだのか。時代背景として今までと大きく異なったのは、コンビニの台頭だ。

    日本フランチャイズチェーン協会の統計データによると、調査が始まった1983年には7000店にも満たなかったコンビニは、2000年代に突入する頃には3万8000店余りにまで増加。花園万頭が大赤字となった2009年前後には、4万店を突破していた。

    しかも、店舗数が増加し、消費者にとって一段と身近な存在となるにつれて、「便利だが品質はイマイチ」だったコンビニ商品に質的な向上も見られるようになった。
    その代表格が、およそ2006年頃に始まった“コンビニスイーツ”の進化である。各チェーンのプライベートブランドで、流行が取り入れられ、安価で、しかもおいしいスイーツが続々と世に送り出されるようになった。

    >>2へ続く
    https://news.livedoor.com/article/detail/17004873/


    【コンビニスイーツの進化を見くびった老舗和菓子店 創業180年の倒産劇 新宿の和菓子店「花園万頭」が破産 】の続きを読む



    (出典 enjoy-nara.com)



    1 水星虫 ★ :2019/08/31(土) 13:36:28.18

    県税事務所で20万円なくなる

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20190830/2050002926.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    8月、奈良県の県税事務所で、男性からおよそ190万円の税金が現金で納付された直後、
    20万円がなくなり、県は、盗まれた可能性もあるとして、警察に被害届を提出しました。

    県によりますと、8月6日、奈良市にある県税事務所の窓口を男性が訪れ、
    個人事業税あわせて192万4000円を納付するため、職員に現金193万円を手渡しました。
    職員はもう1人の職員と手分けして、男性の目の前で金額を確認したうえ、
    最終確認のため、窓口の奥にいた別の職員に現金を手渡しました。

    この職員は手作業で現金を数えていましたが、途中、別の業務を依頼されたため数えるのを中断し、
    金額を確認しないまま、領収書とおつりを渡しました。
    男性が帰った直後、最終確認を担当した職員が現金を数え直したところ、
    20万円足りないことに気づいたということです。

    現金はこれまでのところ見つかっておらず、最終確認を担当した職員は
    「男性を待たせては悪いと思って金額を確認せずに済ませてしまった」
    と話しているということです。

    県税事務所では盗まれた可能性もあるとして、8月26日、警察に被害届を提出しました。
    県税務課の箕輪成記課長は「大切な税金を紛失する事態となり、申し訳ない」と話しています。

    08/30 17:36


    【一度は確認したものの‥192万円余を納付した男性が帰った後に別の職員が数え直したら20万円蒸発していました・奈良県県税事務所】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/08/31(土) 12:35:00.85

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190831/k10012058271000.html

    韓国のテレビ局YTNによりますと、韓国の与野党の国会議員が31日午前11時半ごろ、
    韓国がトクト(独島)と呼んで領有権を主張する島根県竹島に上陸したということです。
    訪問の目的については、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や、輸出管理の強化などで
    日本政府の対応に抗議するためだとしています。


    【【速報】韓国の国会議員が竹島に上陸】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2019/08/31(土) 11:32:30.54

    http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20190830k0000m040111000c

    戦国武将、明智光秀のオリジナルイラストをラッピングした自動販売機が京都府福知山市内各地に増えている。
    お金を入れると「明智光秀ここに見参」などとプロの声優による音声が流れ、観光客らの評判も上々。
    イラストを管理する福知山市は「更に“増殖”させたい」としている。

    人気ゲームのキャラクターデザインなどで知られるイラストレーターの諏訪原寛幸さんが描いた。
    明智光秀が主人公の大河ドラマが来年放送されるのに便乗して、光秀が築いた城のある福知山をアピールしようと、市が依頼した。

    本能寺の変があった6月2日にまず福知山城の本丸広場に設置。従来の自販機に比べて売り上げが約4倍になったといい、
    民間設置を含め2台、3台と増え、市は更に今月23日に三段池公園と御霊公園内にも置き、計5台となった。

    それぞれの自販機には隠しフレーズも用意されているが、光秀の霊をまつる御霊神社(福知山市中ノ)前にある
    御霊公園の自販機だけは特別仕様。投入したお金が足りずにボタンを押すと、「ひでよしぃぃぃぃ」と叫び声が流れる。

    福知山市秘書広報課は「まちなか周遊のお楽しみになればと思い企画した。話題がどんどん広がってほしい」と期待している。



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    【「明智光秀自販機」見参!投入したお金が足りずにボタンを押すと、「ひでよしぃぃぃぃ」と叫び声。京都府福知山市】の続きを読む



    (出典 recipe.shidax.co.jp)



    1 水星虫 ★ :2019/08/31(土) 11:03:22.83

    特養死亡事故 無罪求め署名提出

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20190830/1010010178.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    長野県の特別養護老人ホームの准看護師が、おやつの確認を怠ってドーナツを食べた入所者を
    死亡させたとして有罪判決を受けたことについて、被告の支援者らが
    「介護現場が萎縮しかねない」として、2審で無罪とするよう求めて
    30日、15万人分の署名を裁判所に提出しました。

    被告の支援者らは、全国の福祉関係者などおよそ15万人から集めた署名を
    30日、東京高等裁判所に提出しました。
    長野県安曇野市の特別養護老人ホームに勤める59歳の女性の准看護師は、
    6年前、入所者のおやつの確認を怠り、ドーナツを食べた85歳の女性を死亡させたとして、
    業務上過失致*罪に問われ、ことし3月、1審で罰金20万円の有罪判決が言い渡されました。

    支援者らは、「有罪になると介護現場が萎縮しかねず、介護の仕事をする人がいなくなる」として、
    2審で無罪にするよう求めています。
    また、被告の弁護団も
    「死因は窒息ではなく、脳梗塞の可能性が高い」
    などと無罪を主張することにしています。

    介護の問題が専門の淑徳大学の結城康博教授は
    「介護はそもそも危険と隣り合わせの仕事で、とくに食事の介助はリスクを伴う。
    この裁判の判決しだいでは固形の食事を与えない消極的な介護になってしまい、
    結果としてお年寄りの楽しみを奪ってしまうことにもつながりかねない」
    と話しています。

    08/30 17:27


    【特別養護老人ホームでドーナツを食べた85歳が死亡した事故で准看護師の無罪求め署名15万人分提出・東京高裁】の続きを読む

    このページのトップヘ