まるまる芸能ニュース

芸能界で話題になっているニュースを中心に事件や事故のニュースなども取り上げて毎日紹介しています。



    1 膳摩漏 ★ :2019/08/25(日) 19:55:32.99 ID:i476i03d9.net

    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2019/08/shuttersto*_545722612.jpg
    https://myjitsu.jp/archives/92717

    知花くらら、森理世ら人気モデルを多数輩出している『2019ミス・ユニバース・ジャパンファイナルNEWERA』が8月22日、都内で開催され、兵庫県出身の現役大学生・加茂あこさんが見事グランプリに輝いた。
    加茂さんは今年冬に開催予定の『ミス・ユニバース世界大会』に、日本代表として出場する。

    加茂さんは同大会にエントリーするため、半年から1年かけて体重を約13キロ減量したといい、その抜群のスタイルを目の当たりにした来場者からは、タメ息も漏れたという。一方で、ネット上では〝選考基準〟に疑問を呈する声が広がっている。

    《いや、確かにスタイルはいいよ。しかし、本当にこの顔が日本代表でいいのか?》
    《個性派美人といえばそれまでだが、いくら何でもなぁ…》
    《うーん、何というか微妙だろw》
    《目隠しでダーツで選んだとしか思えん》
    《こういう顔が外国人受けするのか? 嘘だろw》

    「知花くららや森理世と比べると、今回グランプリに輝いた加茂さんは、一歩どころか二歩以上も容姿の部分で劣ると言っていいでしょうね。もちろん、顔の美しさだけが選考基準になっているわけではありませんが、
    選考委員の中に、個性派女性なら世界大会でもある程度通用するだろうという思惑があるのも確かです。ネット上では『日本人というより中国人みたい』という声も上がっていますが、外国人が見てどう思うのか…」(芸能記者)


    【ミス・ユニバース日本代表決定にネット騒然「いくら何でもなぁ…」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 19:40:57.91 ID:NmIEagMK9.net

    10月にスタートするドラマ「死役所」(テレビ東京系)でTOKIOの松岡昌宏が主演することが発表されたが、このキャスティングに異論が噴出している。

    「死役所」は、同タイトルで「月刊コミックバンチ」に連載中の、あずみきし氏による人気漫画が原作。松岡は、様々な理由で亡くなった人の“行き先”を決める“死役所”の職員、“シ村”役を務める。

    漫画では、きゃりーぱみゅぱみゅや、広瀬すずなどの芸能人がSNSでその魅力を伝えていたのに加え、同作により松岡が民放ドラマ主演において全局制覇するなど注目度は高いが、一方でネット上であがっているのが、〈主演は松岡ではない〉という原作ファンの声だ。

    「本来のシ村は、どちらかと言えば華奢な体格で顔もほっそりしており、性格的にも前には出ないキャラクター。それだけに、《ガタイが良すぎる松岡はイメージが合わない》とした指摘が多く上がっているんです。一方、ドラマ化するとした場合の話の中で以前から“ピッタリ”と言われていたのが、現在放送中の『あなたの番です』(日本テレビ系)にも出演する、俳優の野間口徹。確かに原作のシ村の外見からして、野間口をモデルにしたのではないかと思うほど似ていますからね。加えて、バイプレイヤーを上手に起用するテレ東だけに、野間口の起用でも何ら違和感はなかった。そのため、実写化を望んでいたファンの多くから《松岡じゃなくて野間口だろー》と落胆する声が広がっているんです」(テレビ誌記者)

    とはいえ、「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)でも難なく“女装家政夫”を演じ、その実力み見せている松岡。はたしてどんな結果をもたらすか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1978731/
    2019.08.25 17:59 アサ芸プラス


    【松岡昌宏、「死役所」主演で“民放連ドラ制覇”でも原作ファンからは落胆の声!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 18:00:00.62 ID:NmIEagMK9.net

    スポーツフェスティバル「トヨ パラ 2019~ひろげるこどもたちの未来~」が25日、神戸市内で開催され、パラアスリートやお笑い芸人が集結した。

    昨年の神戸、今年4月の大阪に続いて3回目となるイベントは20年東京パラリンピック開幕までちょうど1年のこの日に開催。MCの陣内智則(45)、福本愛菜(26)やサバンナ・八木真澄(45)らお笑い芸人、アテネ、リオ五輪の視覚障害者柔道60キロ級銀メダリスト・広瀬誠(42)、パラトライアスロンの円尾敦子(45)らパラアスリートが参加した。

    子どもたちが普段、なじみのないふうせんバレー、ブラインドテニス、車いすバスケットボール、ウィルチェアラグビーなどパラスポーツをお笑い芸人と一緒に体験。トークショーでは広瀬が銀メダルを持参して披露。「メダルは振ると、音が鳴るんです」と明かして、拍手を浴びた。

    開会式では陣内、福本と11組18人の吉本興業所属芸人が登壇。一連の騒動以降初めてのパラ五輪関連イベントで、陣内が「11組の謹慎明けの芸人たちです」と紹介して会場は大爆笑。さらにゴルフがうまいことで有名な大西ライオン(39)には「闇のゴルフばかり行ってる。大丈夫?」とツッコミ。とにかく明るい安村(37)は「ボクはギリギリ。メチャ危なかった」と3年前の「週刊文春」の不倫報道で自虐ネタを披露した。

    女と男の市川義一(38)は、芸能レポーター・井上公造(62)のものまね“井上小公造”ネタを披露。「ここだけの話ですけどね。宮迫さん、居酒屋ではハイボール2杯ずつ頼むそうなんです」とものまねをすると、会場はシーンと静まり返り、陣内は思わず「受けへんわ。まだ、ちょっと宮迫さんは早いわ」とツッコミを入れて、また、笑いを誘っていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16979716/
    2019年8月25日 16時39分 スポニチアネックス


    【“宮迫ネタ”に会場シーン…陣内智則すかさずツッコミ「まだ、ちょっと早いわ」】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/24(土) 17:26:46.89 ID:YqUlUjqg9.net

     元タレントの田代まさし氏(62)が23日深夜放送のTBS系「NEWSな2人」(金曜深夜0・50)に出演し、薬物事件で逮捕された芸能人に手紙を出したことなどを明かした。

     2001年、04年、10年に覚せい剤取締法違反で逮捕されている田代氏は現在、薬物更生施設「日本ダルク」に所属し、薬物依存の実態を伝えるセミナーなどを行っている。番組では、MCを務めるNEWSの加藤シゲアキ(32)が、田代氏にインタビューした模様が放送された。加藤が芸能界の薬物問題について水を向けると田代氏は、「手紙を書いたりするんだよ、留置場とかに。有名な方たちに」と告白した。手紙の内容については、「よかったら(ダルクに)おいでよって。僕も完璧じゃないけど回復目指していますって」と話したものの「返事来ないもんね」と苦笑した。

     薬物事件をきっかけに、家族との関係も壊れてしまったそうで、「息子と娘はようやく会ってくれるようになったけど、娘には15年くらい会えなかった。成人式の写真も見られなかった」。今でも薬物を使いたい欲求に駆られることがあると明かした。今後の目標については、「前は目標を立てていたけど、届かなくて挫折して、打ち砕かれてもう1回(薬物に)手を出したから、もうそういうことは考えないようにした」と話していた。


    2019年08月24日 16:13芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/24/kiji/20190824s00041000232000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【田代まさし氏 薬物で逮捕の芸能人に手紙も「返事来ないもんね」】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 ひかり ★ :2019/08/25(日) 17:12:11.48 ID:oIwc/fje9.net

     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が25日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。茨城県守谷市の常磐自動車道で
    起きたあおり運転殴打事件について言及した。

     連日のように報道されている今回の事件。松本は「殴っているシーンはもうええんちゃうかなって思う。1回、娘と見ていて、もう見せたくないと思って
    見るのをやめた。5発殴るのをフルで見せる必要はあんのかな。『RIZIN』をリアルタイムでオンエアせえへんくせにさあ…」と、ジョークも交えつつ、
    宮崎容疑者の暴行シーンが放送され続けていることへの違和感を口にした。

     また「問題提起になっちゃうんですけど」と前置きしつつ「(車を)止めさせられて、窓を開けるのもそもそもあってはいけないんですけど、僕は、
    個人的には5発も殴られて、果たして我慢しないといけないのかなあと思ってしまいましたけどね」と持論も。

     さらに「暴力に対して絶対に暴力はいけないってなるんですけど、もっといかれて、意識飛ぶくらいまでいって、同乗者に何か被害があった時にどうするんだろうって。
    彼女や家族を守るために、5発も殴られるのを我慢する必要ってあるのかなって思いましたけど」と続けた。

     暴力に耐えることで、さらに行為が続くかもしれないとし、それが「トラウマになるかもしれない」とも。「2人はカップルか分からないですけど、
    この先どうなるんやろうって、2人でドライブできんのかなって思ってしまう」と、暴力を受けた運転手の“傷”をおもんぱかりながら、耐え続けた場合の
    肉体的、精神的なダメージについて私見を述べた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000168-spnannex-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566704437/


    【松本人志 あおり殴打で私見「5発殴られて、我慢しないといけないのか」】の続きを読む

    このページのトップヘ